• (089) 911-6333 / お問合せ専用フリーダイヤル:0120-72-8104
Menu

最新看取り事情


第1回 高齢社会から「多死社会」へ

■世界一の高齢長寿社会である日本

 ご存知の通り、日本は世界有数の長寿国です。第2次ベビーブーム後に少子化が進み、日本の高齢化率は急激なカーブを描きながらあっという間に欧米諸国を追い抜いて、日本は世界一の高齢化率を誇る長寿国となりました。 今後、平均寿命は、2055年には男性83.67年、女性90.34年となり、女性は90年を超えると見込まれています。

■世界一、病院での看取り率が高い日本

 近年、日本では8割以上の方が病院で亡くなり、癌の方に限れば9割以上の方が病院で亡くなっています。
自宅や施設などの住み慣れた場所で亡くなる方は、1割程度にすぎません。しかし、1950年頃は反対に、8割以上の方が自宅で亡くなっていました。 昔は当たり前に行われていた自宅での看取りですが、今の日本では「当たり前でないこと」だと思われているようです。 
 次に、世界に目を向けてみましょう。病院での看取り率は、フランスが58.1%、スウェーデンが42%と日本よりはるかに低い値となっています。 発展途上国やアジアの国々、そして医療費が高い米国でも、はるかに低くなっています。つまり、日本は世界一、病院での看取り率が高い国なのです。
 世界一の高齢化率、世界一の病院での看取り率の高さが、現在の日本の医療の大きな特徴となっています。この問題をしっかりと認識した上で、今後の医療や社会保障制度の方向性を考えていかなければなりません。

■「多死社会」とその意味するもの ~求められる医療の変革~

 超高齢社会の次にやって来る社会は何か?それは「多死社会」と言われています。「多死社会」という言葉から受けるイメージは暗く不吉なものですが、 私達はこの問題にしっかりと向き合っていかなければなりません。 終戦前までは死亡数は高いレベルですが、その後、死亡率は低下し、1980年くらいまでは 人口が増加しても死亡数は増加していませんでした。しかし、それ以降、死亡数が増加しています。 
 では、医療の進歩はめざましく、日本の医療レベルはどんどん高くなっているのに、どうして死亡数が増加しているのでしょうか。 80才未満の死亡数は増加しておらず、 増加しているのは80才以上の高齢者の世代のみであることがわかります。これはすなわち、治せる病気は医療により治しているということで、治せない病気や寿命で亡くなる人が 増加しているために死亡数が増えているということです。
 多死社会が意味するもの、それは医療ではどうしようもない「寿命」の問題です。多死社会に求められる医療は、医学がいくら発達しても治せないものがあり、「人は必ず死ぬ」ということを念頭に置いて、 老いや死にしっかりと向き合っていく医療ではないでしょうか。

■自宅や施設での看取りの普及が鍵

 2005年以降、日本では死亡数が出生数を上回り、人口は減り続けています。そして、2030年代にはわが国の死亡数はピークに達すると考えられています。 第1次ベビーブームの世代は「団塊の世代」と呼ばれ、 現在、この団塊の世代が65才を迎えて介護保険の第1号被保険者となり、介護保険の利用増が見込まれ見直しが迫られています。さらに10年後の2025年には、団塊の世代が後期高齢者となります。介護が必要となり、 寿命で亡くなる時代に入るわけです。2025年以降の死亡数のピークは、その団塊の世代の方々が亡くなる時代なのです。 死亡数が増えた時、今のままでは病院のベッド数はまったく足りません。日本の医療計画では、 病床数は減少することはあっても増加することはありませんから、2030年には約60万人の方に看取りの場所がない計算になります。そうなると、これからは自宅や多様な施設などの住み慣れた場所で、 看取りを行っていく必要があると思うのです。 しかし、「介護や住まい、病状など条件さえ揃えば、最期は自宅で」と考える人が多いことは、様々なアンケート調査で明らかになっています。その希望を叶えるためには、 社会環境の整備と、「自宅での看取り」という選択肢があることを医療従事者が伝えることが必要です。
 多死社会を迎え、「治療し続けた結果、死を迎える医療」ではなく、「老いや死をしっかりと見据え、 最期までどうよりよく生きるかを考えていく医療」への変革が求められているのではないでしょうか。