• (089) 911-6333 / お問合せ専用フリーダイヤル:0120-72-8104
Menu

臨床研修の受け入れ(在宅医療発展への取組み)

参加した研修医の皆さんより

平成28年

北村 嘉久様 東京大学医学部附属病院
(研修日程)平成28年3月

なぜ医師になろうと思ったのですか?

 人を救う職業のため
 病気に興味があったため

なぜ研修に「在宅医療」を選択しましたか?

 在宅医療にもともと興味があったから。
在宅医療が普及していけば、患者が家で暮らしながらケアを受けられる期間が長くなり、さらに発展してく必要があると感じていたため。

自己PRをお願いします

 外科志望のため、当面は急性期病院で勤務したいと思っていますが、友人の家族が在宅医療を利用しているなど以前から地域の在宅医療に興味を持っていましたので非常に楽しみにしております。いずれは自分も在宅医療にかかわってみたいと思っております。どうぞよろしくお願い申し上げます。
 研修の本分からはそれますが、史跡散策が趣味ですので歴史的遺産が多く、俳句などの文化の発展した松山は以前から暮らしてみたい土地でした。

 




中島 由佳理様 東京大学医学部附属病院
(研修日程)平成28年2月

なぜ医師になろうと思ったのですか?

 発生学に興味があり、先天性疾患を治療していきたいと思い医師を志望しました。

なぜ研修に「在宅医療」を選択しましたか?

 大学病院研修では経験することができない医療現場であり、内科的治療を含め勉強したく選択しました。

自己PRをお願いします

 手術に関わらず小さな処置から手を動かすことが好きです。
 趣味はテニス、ゴルフ、スキー、料理です。
 大学病院であることから各患者さんに接する時間は比較的短期間、短時間であることが多かったので、在宅医療を通して寄り添った医療を行いたいです。
 また、患者さんにとって最善の医療はどうあるべきかを提案する思考を学びたいと思います。
さらに医療従事者間のコミュニケーションは大学病院と大きく異なる点があると思いますので、学んでいきたいと思います。
 形成外科に進むにあたって、今後経験する可能性は少ないかもしれませんが、内科管理を含め初期研修最後の期間にしっかり勉強し実践していきたいです。 乗物酔いがあるため少し不安はありますが、1か月間頑張りたいと思います。 宜しくお願い申し上げます。



西川 貴大様 慶應義塾大学病院
(研修日程)
平成28年1月~2月

なぜ医師になろうと思ったのですか?

 父親が開業医として働く姿を幼い頃から当たり前のように見て育ちました。
父は名古屋の小さな町で小さな診療所を開いていますが、地元の人々に感謝され、身近な存在として頼りにされている姿が憧れだったからです。

なぜ研修に「在宅医療」を選択しましたか?

 急性期医療を行っている現在の勤務先の病院では患者さんが退院した後の生活や治療を深く知るには限度があります。そういったアフターケアの実体を学びたいと思ったからです。

将来の進路希望を教えてください

 将来は整形外科に入局することが決まりました。
 整形外科は特に高齢者の患者さんが多い科の1つでもあり、疾患によってはその後のADLを大きく変えてしまうものもあります。 その一方で、治療によりADLを劇的に回復させることができるのではと考えています。 そんな治療がたくさんできたらと思っています。

 



濱島 ゆり様 東京大学医学部附属病院
(研修日程)平成28年1月

なぜ医師になろうと思ったのですか?

 医師ばかりの親戚に囲まれて育ち、反発心から将来は医療職以外で社会に貢献したいと考えながら幼少期を過ごしました。その中で中高時代に没頭したのが、新聞部での社会問題や映画のレビューなど記事の作成です。様々なテーマを扱う中でも特に医療や健康は誰にでも関わる身近で重要な主題であることに気付き、関心を持って頻繁に扱った問題でした。主張を一方的に伝えるばかりではなく、実際にその現場に身を投じることで見えてくる世界があるのではないかと考えるようになりました。社会の中における医療という脈絡を念頭に置きながら、一対一で患者さんと向き合いたいと考え、医師を志しました。

なぜ研修に「在宅医療」を選択しましたか?

 学生時代に都内の開業医で地域医療実習に参加した際、往診を経験しました。患者さんの社会的背景や生活に関心が高い自分にとって、家庭に訪問して必要最低限の医療を提供するということ、そして看取りについて医療者や家族・本人が納得するまで話し合うという過程に非常に感銘を受けました。高齢社会において今後在宅医療および個々の多様な死に寄り添う医療は需要をますます高めると思います。医師になってから改めて在宅医療の現場に足を踏み入れ、学びたいと考え希望しました。

将来の進路希望を教えてください

 医療の社会的な側面に非常に関心があり、将来的には社会医学分野の研究者になりたいとを考えています。一方で、初期研修を開始してから臨床医学への興味も高まりつつあり、患者さんと一対一で向き合い、診療にあたる行為に醍醐味を感じています。特に循環器内科での生活習慣病の管理や重症心不全といった慢性疾患の長期管理に魅力を感じており、まずは循環器医療の分野で研鑚を積んでいく予定です。
自分の中にある最大の疑問は「公平な医療とは何か」という事です。臨床経験の後、行政又は研究の分野でこの問題に挑むべく、社会医学分野の研究に従事したいと考えています。



平成27年

中村 綾様 慶應義塾大学病院
(研修日程)平成27年12月~
平成28年1月

なぜ医師になろうと思ったのですか?

 自身の向上心を持ちながらも、人と接し、また社会貢献できる職業であるため。
また父が医師であり地域医療を行っていた時期もあったため医師という職業が身近であったため。

なぜ研修に「在宅医療」を選択しましたか?

 現在研修している大学病院では見ることのない医療の面を見たいと思ったため。 また今後医療を行っていく上で必要な在宅医療に関する知識、常識について実際に体験することで学びたいと思ったため。

将来の進路希望を教えてください

 全身管理に興味があるので麻酔科を考えています。
またペインクリニックにも興味があります。



五十嵐 裕一様 帝京大学医学部附属病院
(研修日程)平成27年12月

なぜ医師になろうと思ったのですか?

 父が地元新潟で在宅医療を行っていること。
将来的には自分も在宅医療に携わることを考えているため。

研修中に学びたいこと

 愛媛の地域医療のシステムについて、どのような連携が行われているか、どのような医療行為が行われているか学びたい。
また、患者さんがどのようなことを求めているか学びたい。

自己PRをお願いします

 野球と軽音をしておりました。
体力には自信がありますので、宜しくお願いします。
初めての四国、満喫したいと思います。



寺村 侑様 東京大学医学部附属病院
(研修日程)平成27年12月

なぜ医師になろうと思ったのですか?

 祖父が新潟のへき地に近いような場所で、地域診療に従事していましたが、あくる朝、脳卒中でかえらぬ人となりました。そのような経験をふまえ、病気を治す・未然に防ぐことを自分の仕事にしたいと思ったのがきっかけとなり、更にサイエンスを一歩でも先に進められたらとの思いがあり、医師を志しました。   

なぜ研修に「在宅医療」を選択しましたか?

 これまでの内科研修に於いて、ほとんどは入院された方の急性期治療で、残りは時間のほとんどない外来で、という形で、人数としては最大であろう慢性期のcareに携わる機会がありませんでした。その部分について集中的に補う良い機会だと考えたためです。

将来の進路希望を教えてください

 内科診療にもまだまだ未練はありますが、外科手術への希望も捨てがたく耳鼻咽喉科に入局することとなりました。耳鼻咽喉科臨床とともに基礎・疫学研究にも従事したいと考えています。




柏木 眞結様 東京大学医学部附属病院
(研修日程)平成27年10月

なぜ医師になろうと思ったのですか?

 高校生の頃は生物学系の研究者になりたいと考えていました。大学に入って勉強するうちにアルツハイマー病など、ヒトの疾患を対象とした研究に興味を持つようになり、医学部に進学しました。基礎研究者とも迷いましたが、学んだことを直接患者さんの役に立てることができること、臨床の中で感じた疑問を研究に生かせることなどを魅力に感じ医師になろうと思いました。

なぜ研修に「在宅医療」を選択しましたか?

 内科研修医として病棟で働いていると、入院患者さんの平均年齢が高いことに気づかされ、高齢化が進んでいることを実感します。認知症、生活習慣病、癌などの疾患を持つ高齢者の方は年々増えており、そのような方全員を入院管理の下で治療をするのは現実的ではないし、患者さん本人の生活の満足度も下げてしまいます。在宅医療はよい解決策に思えますが、(病院に勤務しているからかもしれませんが)あまり普及しているような印象は持っておらず、実現のためにはまだ解決すべき課題があるのではないかと漠然と感じていました。
実際に在宅医療の現場を見る機会は多くなく、理解も浅いので、地域医療の機会に勉強させていただこうと思い選択しました。



峯﨑 俊亮様 帝京大学医学部附属病院
(研修日程)平成27年8月

なぜ医師になろうと思ったのですか?

 夜中に病院に呼び出される勤務医の父を、幼いながらに大変そうだと感じていましたが、生きがいを持って働く父の姿を追いたくて医者を志しました。

なぜ研修に「在宅医療」を選択しましたか?

 実家が寺であり、将来は僧侶となりますが、在宅医として二足のわらじを履きながら檀家さんに接することが出来ればと考え、在宅医療研修を選択しました。

自己PRをお願いします

 僧侶になるための修行にて、総本山で境内から外出を許されぬまま未来の研修医を夢見て、臥薪嘗胆の1年を過ごしてまいりました。身に付いた事は忍耐です。
たとえ時間のかかることでも1年未満の時間には耐えます。



西田 由衣様 東京大学医学部附属病院
(研修日程)平成27年7月

なぜ医師になろうと思ったのですか?

 近所の眼科医が、以前は入院して手術しなければならなかったものを、日帰り手術で帰れる方法を研究開発したことに感銘を受けた為

なぜ研修に「在宅医療」を選択しましたか?

 今まで大学病院から在宅医療となった方は多々おられたが、在宅医療となられた後のことは全く見たこともなく、在宅医療の実態について学ばせて戴きたいと考えた為

どんな医師になりたいですか?

 患者さんの気持ちをできるだけ理解し、QOLを上げるよう全力でサポートできる医師



山形 知慧様 東京大学医学部附属病院
(研修日程)平成27年6月

なぜ医師になろうと思ったのですか?

 親がそうということもあり、小さい頃からなんとなく意識していました。
 人の役に立てる仕事なので就きました。

なぜ研修に「在宅医療」を選択しましたか?

 研修が2年とも大学病院になるので、外の環境を見ておきたかったため、今回希望しました。

自己PRをお願いします

 将来は内科系、もしくは小児科を考えていますが、全然決まらないため最近焦っています。
 高校から大学と、バレーボールをしていましたが、やめてからというもの体重が増え続けているため、そちらについても焦っています。 愛媛で何かしら痩せたいと思います。



片山 大河様 帝京大学医学部附属病院
(研修日程)平成27年6月

なぜ医師になろうと思ったのですか?

 祖父、父の、医師として働いている姿を幼い頃から見ており、また、地域の人達からも感謝されている2人を見て憧れたため。

どんな医師になりたいですか?

 祖父、父のような地域の人に感謝される医師

自己PRをお願いします

 お酒大好きです。
 運動大好きです。
 宜しくお願いします。



向井 康浩様 東京大学医学部附属病院
(研修日程)平成27年5月

なぜ医師になろうと思ったのですか?

 人と関わる事のできる仕事だから

なぜ研修に「在宅医療」を選択しましたか?

 まず、在宅医療自体に触れる機会が無かったこと、そして今まではソーシャルワーカーの方などと話し合いながら退院後はどこにするか、介護保険制度の利用、退院後の医療、リハビリ支援などを決めていたが、実際にそこからどのような支援が行われているか学びたかったから。

どんな医師になりたいですか?

 「先生が主治医で良かった」と言ってもらえるような、それぞれの患者さんを思える医師

 




貝谷 房香様 東京大学医学部附属病院
(研修日程)平成27年4月

なぜ研修に「在宅医療」を選択しましたか?

 急性期病院で研修をしていると、家に帰りたい、散歩に行きたい、好きな物を食べたいといった誰もが思う当たり前の願いが叶えてあげられず、現代医療に矛盾を感じます。
 価値観や生き方に合った医療を誰もが受けられる日が来るよう、自分にも何かできることがあるか今回の研修を通して考えたいと思いました。

どんな医師になりたいですか?

患者さんに寄り添う医師
希望や願いにできるだけ応えられる医師

自己PRをお願いします。

 4月から医師になって2年目に入りました。見知らぬ土地での研修は不安もあり、選択するか迷いましたが、やはりどうしても在宅医療の現場、その中でも本当に患者さんに寄り添う現場で学びたいと思い、1ヶ月こちらでお世話になることに決まりました。
 きっと私の人生において貴重な1ヶ月になることと思います。ご指導宜しくお願い致します。




住吉 立 様 帝京大学医学部附属病院
(研修日程)平成27年2月

なぜ医師になろうと思ったのですか?

 他者の命を預かる重要な職業である医師に憧れを抱いたから。

どんな医師になりたいですか?

 病気だけではなく、患者の心としっかり向き合う医師になりたい。

自己PRをお願いします。

 年を経るごとにどんどん太っていく自分が悲しいです。
 ライザップやりたいです。宜しくお願いします。

 

 



大村 鷹希 様 東京大学医学部附属病院
(研修日程)平成27年1月

なぜ医師になろうと思ったのですか?

 直接、目に見える形で、かつ、自分に分かりやすい形で人の役に立ちたいと思ったからです。

どんな医師になりたいですか?

 看取っても(救えなかったとしても)なお、「ありがとう」と言われる医師になりたいです。

自己PRをお願いします。

 2015年、最初の1ヶ月をこちらで勉強させて頂ける機会を頂き、ありがとうございます。
 学生時代は、部活(バスケットボール)ばかりしていました。医師としては甚だ心もとないですが、根性と体力はあります。将来は脳外科を志しております。
 司馬遼太郎好きとしましては、地域研修が松山に決まった時、思わずガッツポーズでした。
 誠に誠に小さな私ですが、そろそろ開花期を迎えたいと思っております。この1ヶ月、前のみ見つめて登ってゆきたいです。どうぞご指導の程、宜しくお願い申し上げます。

 



平成26年

深澤 毅倫様 東京大学医学部附属病院
(研修日程)平成26年12月

なぜ医師になろうと思ったのですか?

 色々と理由はありますが、大きな理由の1つとして、身内の死、病気というのが大きかったと思います。生と死について考えたり、人の役に立てるようなことをしたいと思いました。

なぜ研修に「在宅医療」を選択しましたか?

 身内の死を経験したとき、いつも「家に帰る」と言っていたのが印象に残っています。一時家に帰ることはできたのですが、症状が進むにつれて家で看られなくなり、結局最期は病院で亡くなりました。事前に死について家族内で深く相談、考えることをしておらず、「もっとよく考えておきたかった」と思いました。
 そのような個人的な経験と、前の病院の先生方からの薦めもあり、たんぽぽクリニックでの研修を希望しました。

どんな医師になりたいですか?

 欲張りなので、患者さんを全人的に診ることができ、チーム内でも良好な関係を築くことができ、最終的には医学全体の進歩にも関与していけるような医師になりたいです。

 



大河原 亜香様 東京大学医学部附属病院
(研修日程)平成26年10月

なぜ医師になろうと思ったのですか?

  元々薬学部だったのですが、もっと勉強して困っている人の力になれたらと思い、卒業と同時に医学部への編入を決意しました。

なぜ研修に「在宅医療」を選択しましたか?

 大規模な病院への通院の難しさを、祖父の介護、闘病の時に痛感したため、在宅医療の重要性を感じ、学ばせて頂きたいと考えて選択しました。

自己PRをお願いします

 田舎が大好きで、在宅医療に興味がある私にとってたんぽぽクリニックさんでの研修は本当に楽しみでした。
 勉強や学問は得意ではありませんが、とにかく患者さんや御家族を想う「優しさ」だけは忘れず、研修に臨みたいと思っています。
 松山の風景や美味しい食べ物(特に魚)に囲まれて、楽しい研修生活になりそうな予感がしております。まだまだ未熟な研修医ですが、1ヵ月間宜しくお願いします。



丹生谷 啓介様 東京大学医学部附属病院
(研修日程)平成26年9月

なぜ医師になろうと思ったのですか?

  幼少期より生物、生命に興味がありました。生物学、バイオ系と迷った末、他人と関わり命を救う医療の世界で、自分の能力を役立てたいと思うに至り、この世界に入りました。

どんな医師になりたいですか?

 来年度は救急部にて学ぶ予定です。幅広い知識と適切な判断力で、僕に関わる方々を笑顔にできれば良いなと、遠い未来を夢みています

自己PRをお願いします

 ドライブが趣味で、学生時代には友人と日本全国47都道府県を何回かに分けてドライブしてまわりました。端っこまで行くことで見える景色が好きで、四国では室戸岬、足摺岬、佐多岬半島を巡りました。
 社会人になってからは回数がぐっと減りましたが、隙をみつけては(レンタカーで)ドライブに繰り出しています。“いつかマイカーを”と、野望に燃えています(笑)



内田 理美様 慶應義塾大学病院
(研修日程)平成26年6月

なぜ医師になろうと思ったのですか?

  父親が医師で、幼い頃から医師という職業は身近な存在であったこと、また父のように患者さんと良い関係の築ける医師になりたいと思ったからです。

なぜ研修に「在宅医療」を選択しましたか?

 現在大学病院で急性期医療に携わり、様々な急性期治療を見させていただいたので、慢性期医療についても見させて、携わらせていただけたらと思い選択させていただきました。

自己PRをお願いします

 大学時代は競技スキー部に所属し、東海医科学生スキー大会で個人総合優勝、西日本医科学生総合体育大会で女子準優勝を勝ち取りました。
 医師となり勤め始めてから、患者さんとお話しすると、「先生と話すとほっとする」と言っていただけることがあり、ほめていただけたことがありました。今回の研修でもそのように言っていただけて少しでも患者さんの心と近くなれればと思っています。



谷本 佳弘菜様 東京大学医学部附属病院
(研修日程)平成26年4月

なぜ医師になろうと思ったのですか?

  家族が医師で、幼い頃から医師という職業が身近なものであったのと、様々な立場の人が損得関係なく、患者さんを治すという1つの目標に向かって働く姿がかっこいいなと思ったからです。

なぜ研修に「在宅医療」を選択しましたか?

 田舎で育ったので、在宅医療の必要性を感じていたので、実際に経験してみたいと考えました。

どんな医師になりたいですか?

患者さんのためにすべき事はなにかを1番に考えられる医師



桑名 梨里子様 東京大学医学部附属病院
(研修日程)平成26年3月

なぜ医師になろうと思ったのですか?

 分子生物学の大学院生だった時、医学基礎研究に携わり、臨床医学の複雑さにひかれるようになりました。 懐が深く、様々な経験が活かせそうな仕事だと思いました。

なぜ研修に「在宅医療」を選択しましたか?

 大きな病院で研修する中で、入院治療に伴う高齢者のADLの低下やせん妄、社会的入院などの問題を目の当たりにし、入院も万能じゃないなと感じるようになったからです。

どんな医師になりたいですか?

今はジェネラリストに興味があります。
ありふれた病気を診れる医師。小さなことでも医療的な事は相談しようと思い浮かべてもらえる医師が理想です。



近藤 恵理香様 東京大学医学部附属病院
(研修日程)平成26年2月

なぜ医師になろうと思ったのですか?

世界中どこへ行っても医療を求める人は居るため。

なぜ研修に「在宅医療」を選択しましたか?

病院を退院していかれた患者さん達の、その後のケアがどのようになされているのかに興味があったため。

どんな医師になりたいですか?

脳神経外科医。
臨機応変に、新しい変化に対応できる医師。患者さんに安心感を与えられる医師。



平成25年

富田 慶一様 東京大学医学部附属病院
(研修日程)平成25年12月

なぜ医師になろうと思ったのですか?

医師の家に生まれ、一番身近な職業だったことと、人の生の基盤である身体を支える仕事はとてもやり甲斐のあるものだと思ったからです。

どんな医師になりたいですか?

型を知りつつも、型にとらわれない医師。真面目で、真面目すぎない医師。
頼もしくも、愛嬌のある医師になれたらと思っています。

自己PRをお願いします

大学の部活で相撲をやっていました。得意な決まり手は、下手出し投げです。
宜しくお願いします。



脇水 郁紀子様 東京大学医学部附属病院
(研修日程)平成25年8月

なぜ研修に「在宅医療」を選択しましたか?

たんぽぽクリニックは在宅医療に特化し、地域を支える診療所で多くのことを学ばせていただけると評判でした。
これから本当に必要とされる医療を実現させているクリニックで、患者様の生活の中に入り、同じ目線で診察する現場を体感してみたく、たんぽぽクリニックでの在宅医療を選択しました。

どんな医師になりたいですか?

まずは知識と技術を身につけたいです。そして、患者様を中心に患者様のご家族、共に働くスタッフ、自分の周りの人達も大切にできる医師になりたいです。



小山 一様 東京大学医学部附属病院
(研修日程)平成25年7月

なぜ医師になろうと思ったのですか?

自分の知識や経験を人の役に立てることができ、かつそれが分かりやすい形だったからです。あと、単純にかっこいいと思ったからです。

なぜ研修に「在宅医療」を選択しましたか?

祖父母をともに在宅でみていただいたので、今度は医療者としてかかわりたいと思ったからと、大学病院とは全く異なる医療を学びたかったからです。

どんな医師になりたいですか?

あつい気持ちと冷静な頭脳をもち、謙虚な姿勢で診療にあたる医師になりたいと思います。



髙澤 郁夫様 東京大学医学部附属病院
(研修日程)平成25年6月

なぜ医師になろうと思ったのですか?

幼い時、小児喘息だった経験から医師を志すようになりました。

なぜ研修に「在宅医療」を選択しましたか?

大学病院での医療は、患者さんの日常とはかなりかけ離れたものになるので、患者さんの日常に入っていく在宅医療も経験してみたいと考えました。

どんな医師になりたいですか?

幅広い知識と技術を身に付けた上で、患者さんの希望に沿った医療を提供していける医師になれたらと思います。



馬庭 淳之介様 松山赤十字病院
(研修日程)平成25年6月

なぜ医師になろうと思ったのですか?

生まれてきたからには人の役に立ちたいと思っていました。いろいろとやり方はあると思いますが、私にとっては医師として貢献することがBESTだと思ったからです。

なぜ研修に「在宅医療」を選択しましたか?

以前よりターミナルケアに興味を抱いていました。
在宅医療はその一つの形であり、若いうちに経験してみたいと思っていたので、選択させていただきました。

自己PRをお願いします

いろいろ未熟な部分はたくさんありますが、九州男児の強い気持ちと高いモチベーションを持って頑張りたいと思います。宜しく御願い致します。



谷本 芽弘理様 東京大学医学部附属病院
(研修日程)平成25年5月

なぜ医師になろうと思ったのですか?

両親が医師で、幼い頃から両親が仕事の話を楽しそうにしている姿を見てきました。仕事場にもよく出入りしていましたし、食卓でも仕事の話や患者さんとの楽しい会話の内容が多かった記憶があります。
両親がやりがいを持って仕事をしている姿を見て、自然と医師を目指すようになっていました。

なぜ研修に「在宅医療」を選択しましたか?

長崎大学在学中に、ゼミで「僻地医療」を選択し、離島医療や僻地での在宅医療を学びました。
今は大学病院で研修中ですので、急性期を過ぎた患者さんは、近医や在宅の先生に紹介して診ていただくことがほとんどです。そのような患者さんが実際にどのような医師からどのような治療を受けているのかはとても興味があります。
急性期治療もしっかりと学びたいですが、慢性期に患者さんが希望する形になるべく近い形で長期の治療を行っていく医療も学びたいと思います。



津島 綾子様 東京大学医学部附属病院
(研修日程)平成25年4月

なぜ「在宅医療」の研修を希望しましたか?

在宅医療を全く経験したことがなく、地域に密着した実際の現場をみさせて頂ける貴重な機会だと思いました。

どんな医師になりたいですか?

患者様の心に寄り添い、その方にとって一番良い判断ができる医師。

自己PRをお願いします

まだまだ勉強中でご迷惑をかけることも多いかと思いますが、頑張りますのでよろしくお願いします。この研修をとても楽しみにしていました!



石渡 惇平様 東京大学医学部附属病院
(研修日程)平成25年3月

なぜ「在宅医療」の研修を希望しましたか?

今まで在宅医療を経験したことがなかったからです。
研修医の間になるべく多くのことを経験したいと思い、今後、大学病院等の勤務では経験する機会が少ないであろう在宅医療を選択しました。

どんな医師になりたいですか?

イレギュラーな出来事が起きても慌てない、急変に強い医師になりたいです。



片山 菜穂子様 東京大学医学部附属病院
(研修日程)平成25年2月

なぜ「在宅医療」の研修を希望しましたか?

小児神経科医を目指しています。神経疾患と在宅医療は関わりが深いため、在宅医療の実際を学びたいと考え選択しました。

どんな医師になりたいですか?

◆話しかけやすい医師。
◆自分で症状を伝えられない子供たちの小さな変化を見逃さない医師。

自己PRをお願いします

将来、小児神経科医として在宅医療に関わることも考えています。1ヵ月間という短い期間ですが、真剣に取り組みますので宜しくお願い致します。